decchy: 2008年9月アーカイブ

 実に9割が慢性的に赤字を抱えているという日本の旅館について、近年成功している旅館の取り組みを通じ、どのようにサービスを展開し、復権させていくべきかについてかかれた一冊です。

 

 著者は、日本の旅館の低迷の根本的な原因を「団体旅行目当ての拡大路線」としています。高度経済成長からバブル経済の時期に至るまで、旅行代理店経由の団体客を獲得するために借入金を増やし、部屋数や設備を拡大したのはいいものの、バブルが崩壊した上に、旅行スタイルが団体から個人にシフトしてしまったことが原因となり、中規模クラスの旅館・ホテルが廃業や倒産に追い込まれているということです。

 それに対して、まず、本書では、和のテイストを取り入れている海外リゾート、京都等の老舗旅館におけるホスピタリティの姿を紹介することで、あるべき姿について一つの示唆を与えます。

 その上で、石川県山中市の「かよう亭」における宿屋ベースの取り組み、黒川温泉等の地域における取り組み、旅館再生のエキスパートといわれる星野リゾートにおける取り組みといったことが、様々なレイヤから語られていきます。

 本書を通じて思ったのは、取材の丁寧さ。各旅館の地域の特色から、旅館内部の風景描写に至るまでが、非常に丁寧に描かれており、綿密な取材に基づいて執筆されている印象を受けます。このあたりは、プロの仕事を感じさせます。

 ただ、一方で思ったのは、理想論に過ぎる傾向があるということ。

 それが端的に現れているのが、P212にある以下の文章。

  本書で取り上げた星野リゾートによる旅館再生とは、「ダメなホテル」と化した大型日本旅館を「いいホテル」に進化させる努力である。規模や顧客対象を拡大した日本旅館を、そのまま未来に維持していくには、おそらくこの手法しかないだろう。

 だが、本来の日本旅館の魅力を「正統進化」させるためには、旅館の主人と女将が豊かなホスピタリティを持って顧客を迎え、小規模な状態で家族的サービスを提供することによって、客の信頼を獲得するしかない。

 上記の考えは至極まっとうだとは思いますが、この形態では50年、100年と時代を経た場合に、旅館側が生き残っていくのは正直厳しいと個人的には考えます。

 その一番の要因は、今後間違いなく増えてくる、星野リゾートのような形態のホテル連合の増加、海外の高級リゾートの国内進出という直接的脅威にあると考えます。

  上記のようなホテル連合などは、今後も、「地域文化に合わせたホテル展開」「近代的コスト意識」「教育並びに、データベース化によるホスピタリティの確保」といった特徴をもって大規模旅館が各地で展開し、高い満足度を得るようになるでしょう。さらに、上記のサービスを享受するであろう世代は、20代から30代で比較的可処分所得が高い層である可能性が高いと考えます。そうすると、彼らが40代、50代となった場合に、わざわざそれより高い費用を払い、どこまでいいサービスが受けられるか分からない高級旅館に滞在するかというと個人的には難しいという印象を受けます。(その他に産業としての発展性等もありますが…。)

 ただ、本書について言いたいのは、内容や意見の正しさよりも、「いい新書」だいうこと。個人的にいい新書とは、読み手に対して一定の示唆を与えてくれる本であり、そのために「綿密な取材」「精緻な描写」「明確な主張」(合意できるかは別)の3つが存在していることだと考えておりますが、本書にはそれがあります。

 角川oneテーマには良書が多い印象がありますが、本書もそれに漏れずいい本でした。著者の前著である「ホテル戦争」も時間を見て読んでみることとします。

 

 Googleのエリック・シュミットが絶賛ということで購入した一冊。
 
 ビジネス上の変革を迫られた企業で変革に成功するための要素を「包括性」「迅速性」「統合性」「トップのコミットメント」と分析した上で、それらの要素を織り込んだ変革の道筋(*1)を「90日」という限られた時間の中でいかに立てていけばいいかいうことが本題となっております。

*1
 書籍のタイトルだけだと誤解を招きそうですが、変革の実行そのものを90日で行うというわけではありません。変革のコアとなる準備作業を90日で行うという内容で、また、その段階の前にも、クロスファンクショナルチームの組成といった準備段階も別途存在しております。

  また、90日の準備作業についても30日ずつのスパンで「企業を診断する」「未来を描く」「変革の実行準備をする」というフェーズにわかれており、それぞれの段階において、経営トップ並びにクロスファンクショナルチームが何をすべきかについて、実際の変革の現場における具体例を交えつつ、細かく定義されていきます。

 個別に書かれている内容としては、納得させられることが多いですが、読み終わっての印象は、「この内容をそのまま実行するのは難しい」ということ。理由は、各段階において書かれている注意点が多岐にわたっている上に、優先付けがなされていないためです。本書の内容を忠実に守り変革を行おうとすると、逆にがんじがらめになってしまい、実現性に乏しくなる危険性があります。むしろ、全てを理解しようとせずに、各自の立てる戦略なり事業計画が、上記の要素に外れていないかをいかに意識していくかが問われる所でしょう。

 ただ、このあたりは、日本でも数多く出版sあれているターンアラウンド系の実務書にも書かれているところで、真新しい所はないというのが、正直な所です。(それこそ、過去にとりあげた「戦略プロフェッショナル」等の書籍からも読み取れる内容です。)

 ただ、「営業実績」「市場実績」「生産性」「財務状況」「ROI」の5つの指標を活用した企業分析のモデルは独特で、湯埋めような印象。こちらについては本業でもいかせそうなので、活用してみたいと思います。


  


 劇場招待券をいただいたので、映画「幸せの1ページ」を見てきました。

 南太平洋の孤島に暮らす生物学者のジョージと娘のニム、加え、サンフランシスコに住む「引きこもり」の冒険小説家アレックス=ローバーの3人がメインキャスト。

 ストーリーは、以下のような感じです。

 ストーリー展開に煮詰まった引きこもりの小説家は、インターネットで生物学者の父親を知り、コンタクトを取ることに。しかし、生憎、父親は調査で海に出てしまい、自宅を留守に。そのため、彼女の小説のファンである娘のニムが、代わりに彼女とメールのやり取りを行います。

 しかし、そのさなか、嵐が来て海に出たジョージとの交信が取れなくなります。また、ニムも、アレックスの依頼がきっかけで、怪我をし、さらに、島に海賊姿の男達が上陸する光景を目撃します。

 その危機に際し、ニムはアレックスに対し、助けて欲しいとメッセージを送ります。
 
 一方、引きこもりの小説家は彼女の申し出を断ろうと思いつつも、最終的には一念発起して、彼女を助けに向かうことにしますが、一筋縄ではいかず・・・。

 映画自体の出来は正直微妙でした。もっというと、ストーリー自身は悪くないのですが、CGがひどいです。嵐の中で父親が格闘するシーン等、「予算がなかったのかな?」と思ってしまう位の出来でした。

 ただ、この映画に関して一番思ったのは、担当者は「この映画を誰に見せようと思ったんだろう?」ということ。

 話のストーリー自体は、11歳の娘であるニムを中心とした冒険物(実際、原題は「NIM'S ISLAND」です。)で、それこそ15少年漂流記やロビンソン=クルーソーのような話に近いものがありました。

 ただ、CMやHPを見た印象ではそのような印象は受けず、むしろ、ジョディーフォスターを中心とした大人のストーリーとしての印象を受けました。(多分、ジョディー・フォスターやジェラルド・バトラーの作品を見に来る層を意識したためだとは思いますが)

 結果として、本来ストーリーを一番楽しめる客層と実際に見に来ている層にギャップが生まれてしまっていたように思います。

 そのため、興行収入を確保するという命題においては正しい戦略なんだろうなあと思いつつも、「見てもらうべき人に、映画を届ける」という点で腑に落ちない印象を受けてしまいました。

 
 今年、第54回江戸川乱歩賞を受賞した作品。
 
 終戦直後の昭和21年におきた未解決の誘拐事件。有楽町の闇市を身代金の受け取り場所に指定された事件は、犯人確保に失敗しただけでなく、身代金を奪われ、人質の子供は見つからないという結果に終わります。

 15年後の昭和36年、横浜の病院で一人の女性が病死し、杉並では一人の女性が命を奪われます。一見、接点がないように思われる二つの出来事ですが、この出来事にまつわるエピソードを調べることとなった遺族と刑事の手によって、誘拐事件は意外な展開を見せることとなります。

 成長と混沌の狭間であった昭和36年と戦中・戦後を絡ませる舞台設定、また、親子の縁が物語の核となってくるストーリー展開は、「砂の器」を彷彿とさせます。
 
 ただ、「砂の器」に比べ、2つの点で弱い点があります。それはストーリー展開の必然性と意外性。

 本書は一定の部分まで読み進めると、物語の結末は浮かびました。そうなると、クライマックスに向けての展開が気になります。さらに、時代描写が非常に面白いこともあり、一気に読み進めたくなります。ここまでは、非常にいいミステリーではないかと思わされます。

 その分、読み終わると、消化不良の感が強くなりました。クライマックスに向けての糸の解き方が「偶然頼り」で、必然性にも意外性に欠けていたのが、その理由です。(具体的に書くと、「ネタバレ」になってしまいますが・・・)

 時代設定や一部のトリックといったものは非常に面白かっただけに、「残念・・・」という所です。

 ただ、今後、面白くなりそうな作家さんだという印象を受けましたので、別の作品も読んでみようとは思います。
その前に久しぶりに、野村芳太郎版の砂の器を観返そうかとも思いますが。(ホント、これは名作で、必見です。)

     

 文庫本の表紙が気になって購入した一冊で、著者は「君たちに明日はない」の垣根涼介です。

 一言で言うと、ベトナムを舞台にしたハードボイルド小説です。

 得意先の社長である中西の依頼により、旅行代理店に勤務する長瀬は、中西の孫の慎一郎をベトナムに連れて行くこととなります。ただ、慎一郎の目的は普通の旅行ではなく、失踪した父親を家族にナイショで探すことで、その手がかりはベトナムを紹介した一本のVTRだけでした。

 VTRにあった、ベトナムの市場風景において父親らしき人間がうつっていたということをヒントに、長瀬と慎一郎、そして永瀬の友人の源内はベトナムはホーチミンに旅立ちます。

 旅先のベトナムでは、仲間となるタクシー運転手や娼婦を中心とした出会いや、妨害との戦いを繰り広げたりして、クライマックスへと向かっていきますが、そのクライマックスは少年にとっては、切ないものでした。

 本書をよんでの感想は、それは、「ホーチミン」という街に生きるということが印象的に描かれているということ。本書では、過去の紛争の爪あとを残し、矛盾をかかえつつも、その街で生きている人々の姿が非常に印象的に描かれており、考えさせられる所があります。

 ハードボイルドの描写としては、「そこまでは」という所がありましたが、そういった意味で、面白い一冊でした。

 

 先週の土曜日にNHKで放映された「日本柔道を救った男~石井慧 金メダルへの執念~」が非常にいい番組だったので備忘の意味をこめて書いておくことにします。

 前回のアテネ大会に比べ成果が残せなかった北京オリンピックの男子代表の中で、100キロ超級で金メダルをとり「一矢を報いた」石井選手に焦点をあてた番組だったのですが、異色のアスリートを非常に上手く紹介しておりました。

 今回の日本柔道の苦戦の理由を、柔道が「JUDO」に変化を遂げていき、どのような体制からも技をしかけてくる時代となった中で、「技のキレイさ」にこだわってしまっていること(環境変化に対応できなかった恐竜と似ているかもしれません)と分析した上で、「勝つことにこだわるために」、形にこだわらず、自分を環境に対応させていった石井選手の姿を描いておりましたが、長期間かけ丁寧に取材されたことが伝わってくる番組でした。

 ヨーロッパ遠征で不用意な逃げから二度も投げられてしまった経験をばねにしつつ、実践を通じ欧州の競合は「3分経過後」に体力が落ちると学んだ結果、

  • 体力をアップさせる
  • 勝負タイムでの決め技を磨く
  • 相手の体力を奪いつつ、「指導」を相手に与え優位に立つ

 ことが勝利に必須と考え実行したプロセスは見ていて目から鱗が落ちる内容でした。

 もちろん、石井選手の「地頭の良さ」というものがあってこその内容なのですが、取材対象者との間に適切な距離感をとり、綿密に取材を行ってきたことが画面越しに伝わってくる「さすがNHK」と思われる内容でした。

 こういった番組を見ると、改めて視聴料を払う価値があると感じてしまいます。ぜひ再放送やオンデマンドで再視聴できればと思う番組でした。

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ