ニュース: 2009年11月アーカイブ

 ウィルコムの再建支援にソフトバンクが名乗りを上げたという報道について思うところを。

 個人的には、まあ妥当だろうなという印象。その大きな理由は2点。

  • ウィルコムの引き受け先は同業他社しか考えにくい(事実、NTTグループに支援をという話は過去にも漏れ伝えられていたことであり、一方でKDDIについては、UQコミュニケーションズをなんとかしなきゃいけないだろうし)
  • ソフトバンクにおけるデータ通信分野の強化という点でシナジーが考えられる。

 その他、パケット通信のトラフィックをウィルコムのNWに流す負荷分散を狙うという視点も浮かんだけれども、さすがに買収理由としては弱い(キャッシュを生む源泉にならないから)だろうし、そもそも設計上、現状の端末についてはありえないだろうなと言うところ。(W-CDMAに対応したHYBRID W-ZERO3ならできそうでしょうが)

 一方、有利子負債の圧縮を経営課題に掲げるソフトバンクの状況を考えると、本当にありうるのかという点は難しいところ。

 とはいえ、いまさらNECや富士通、日立のような企業が通信網を持つ意味も考えられず、また。現在の株主であるカーライルから他のファンドが買収して何とかなるとは思えない(EXITが決まっている等で一時的にブリッジするような場合は別として)ことを考慮すると、何らかの形でソフトバンクが絡んでくることは間違いないだろうというところで、支援決定理由や今後等の続報をウォッチ指定校と思います。

 それにしても、カーライルの出版から一年足らずで・・・通信とバイアウトファンド、両方の立場を知っているだけに、色々と考えさせられます。

 DeNAとドコモの新会社設立のニュースを聞いて思ったのは、Bee TVと同じモデルだということ(実際、BeeTVを運営するエイベックス通信放送株式会社は今回の新会社と同じようにドコモが3割の資本構成になってます)、とドコモは完全に横綱相撲の体制に入ろうとしているなということ。

 auがGreeやソケッツのようなサービスや技術を持つベンチャー企業と組み(むしろ、「囲い込み」といった方が正確か)サービスを広げていったのと対照的な動きといえるでしょう。

 それどころか、本質的に中立性を守るべきと思われるプラットフォームサービス事業者が「うちは特定の企業とがっつり手を組みますので」と宣言し、自らのプラットフォームの限界と閉鎖性を認めているようにも見てとれます。

 i-modeをきっかけにこれまで数多くのベンチャー企業が生み出され、一種のエコシステムが出来上がっておりましたが、このような展開になるとただでさえ新参者が成り上がっていくのが難しい携帯の公式サイトビジネスにおいて、ベンチャー企業が成功する確率はますます低くなってくるでしょう。(他のプラットフォームに移ればいいという話もありますが、やはり現時点において課金市場規模が大きいi-modeの市場を無視するのも難しいわけで・・・)

 i-modeビジネスが成熟期を迎える一方で、新しいプラットフォームが形成されていくという流れの中では当然に考えられる展開ではあるのですが、ベンチャーサイドにいた人間にとっては複雑な気持ちにさせられるニュースでした。

 

 楽天がビットワレットを子会社化するというニュースが非常に興味深いです。

 ちょうどこのニュースを見る数日前に、転職エージェントから某SNS屋さんへの転職を勧めるメールが来ており(転職する気がないので、断りましたが)その際に「自分がこの会社にいってやるんだったら、リアル社会でのポイントとの提携」かなあとか思っていたので、余計に関心を持った次第です。

 市場規模が限られる一方、顧客のDB化には成功しているネットのポイントと、決済金額が大きいわりに、データのマーケティングへの活用に限界があるリアル電子マネーという特徴の下で、どのような顧客の囲い込み戦略を行っていくのか非常に注目させられます。

 楽天市場のプラチナ会員としては、EDYへの換金率がアップされるのが一番ですが。

 読売新聞でニュースになった上記記事について思うところを。

 セキュリティリスク自体についてはほうぼうのブログで語られている上に、自分自身がこのあたりの技術に明るいわけでもないので、やっちゃったのかという印象しかないのですが(まあ、課金PFをおろそかにしたのは拙速だったよな、という印象)、商売人として気になったのは記事の以下の記述。

 判明しただけで80人分の購入した計38万円分のアイテムの記録が消滅していたことが判明。さらに、クレジットカードでゲーム内通貨を購入しようとした利用者4200人分の電話番号やメールアドレスが外部から閲覧できる状態になっていたことが分かった。

 80人で38万円という数字から予測できる4,750円というARPUの高さ(コア層が集うMMORPGならともかく、カジュアルゲームでこの額は大きいでしょう。)と、4200名という課金ユーザの数の多さ。

 単純に上記ARPUと課金ユーザを掛け合わせると、サービス開始後数日で2000万円近い金額をサンシャイン牧場は売り上げたことになります。(実際のARPUが上記の1/3程度である1600円と想定しても650万円以上の金額が動いたわけですから、決して少ない額ではないでしょう。)

 システム的にはミソがついてしまったことになりますが、潜在的な市場規模があるだろうということを改めて思わされる記事でした。

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ