ニュース: 2009年7月アーカイブ

 今後、書評や音楽ネタは別のブログに書き、本ブログはニュース関連を中心に書くことに。

 というわけで、本日気になったのは、Wiiの不振に伴う任天堂の減収減益

 Wiiが苦戦、というのは個人的には予想通りというところ。その理由は、任天堂の広告戦略とそれによるサードパーティーのデモチベーションです。

 当時旬な任天堂タイトルのCMが大量に流れているあまり、メインターゲットであるライトユーザが、Wii SportsやWii Fit、マリオカート等、当時旬な任天堂ゲームに流れてしまい、正直、サードパーティーがソフトを開発するインセンティブがわかなくなるだろうという読みでした。

 任天堂全体にとっては2Qのドラクエ効果によるDSの好調があったり、ちょうど発売されるモンハンの動向もあるかもしれませんが、Wiiの行方についてがもう少し注目してみてみたいと思います。

 まあ、Sonyも不調なんで単純にゲーム業界がつらいだけかもしれませんけども。

 継続ウォッチしているJDC信託社ネタです。

 このエントリーを書いている7/8 22:40時点で自社HPへのアップはされていませんが、TDNETの方にJDC社の調査報告が出ていました。

リンク(TDNET):当社資金調達の経緯説明および今後の方針について

 今回の調査で驚かされたのはこの部分。

当社は、事実関係の調査依頼と速やかな借入履行を求めておりました。これまでに判明したことは、小切手の照会時点(平成21 年7月1日朝)で、振出人はLAKEWOOD1号投資事業組合及びTEARS INVESTMENT HOLDINGS PTE LTD ではなく、取引銀行と取引なし(停止処分済)となっている全く別の会社であったことです。

 ・・・ここまで来ると、反応しにくいなあと思うのはわがままなんでしょうか?

 前回の増資の減額も含め、株主の資金事情に問題が生じている可能性が高いことは間違いないと思われますが、相当な厳しい事情が続きそうです。

 第三者割当増資が発表され、とりあえず落ち着くかと思ったJDC社ですが、まだまだ落ち着くことはできなかったようです。

 今回の大きな発表は以下の2つ。

 簡単に言うと、まず上のリリースが、「手続きが遅れたために第三者割当増資が一部できませんでした、代わりに借入金でまかないます」ということで、(これに対応する形で6月29日に借入金による調達完了のお知らせという発表もでております)、下のリリースが小切手で借りたのですが不渡りになりました」ということになります。

 「エクイティを優先した理由」「エクイティの出資が一部にとどまった理由」等、個人的に疑問に思うところはありますが、継続的にウォッチする日々は続きそうです。

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ