ニュース: 2008年6月アーカイブ

 SH906iを購入し、あれこれと調べていたのですが、既にデコメアニメ専用の公式サイトが既に40以上もたちあがっていました。発売前からCPの多くが参入するとは聞いていたのですが、いきなりこれほどまでにというのは正直驚きです。

 と、同時に、いかにデコメが日常生活になじんでいるかを考えさせられますし、だからこそ、やはりコミュニケーションツールとしてのケータイにマッチしたのだろうなと感じます。

 一方、ソフトバンクから本日発表されたiPhoneは少し違った視点から見る必要があると思ってます。

 なぜなら、iPhoneはもはやコミュニケーショツールではないと思うからです。むしろ、見せびらかすためのコレクターズアイテムだったり、趣味を楽しむためのホビーツールとしての価値の方が高いでしょう。

 そういった意味では、従来のコミュニケーションツールとしてのケータイを必要とする層に訴えるのは難しいと思っています。結果、かなりauに接近するかもしれませんが、ケータイキャリアの加入者数の順位を変えるほどのインパクトはないと思っています。

 じゃあ、ソフトバンクがiPhoneを獲得する価値がなかったかというとそれは全く違いますし、やはりスゴイなあとは思います。シェアという問題以上に「クール」という視点があると思いますので。

 ちなみに、そんなiPhoneですが、個人的には、ケータイとiPhoneの二台持ちの人が多くなると思っています。使い分け方はとしては、(1)友達とのコミュニケーションを中心に、QRコード等を用いたちょっとした情報収集やおサイフケータイを活用した簡単な決済はケータイ(2)音楽や動画、電子書籍、高画質なゲームなど、大きな液晶が意味を持ったり、自分の世界で完結したりするものはiPhoneで楽しむと、いう形でしょうか。(ソフトバンクのことですから、「2台持ってオトクです」というキャンペーンをもちろんやるでしょう。そこでも多少MNPがありうると思います。)

 ちなみに趣味のツールのなかでも、特に、iPhoneでは電子書籍がキラーアプリになる可能性があると思っています。すでにコミックを中心としたケータイ上での電子書籍市場は200億円を越えているとも推定され、Viewerを提供するセルシスも好調なようですが、iPhoneがこの市場に参入する価値は十分にあると思います。

 いずれにせよ、ウォッチはし続ける必要がありそうです。

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

最近のブログ記事

ブログパーツ