ビジネス: 2009年11月アーカイブ

 ウィルコムの再建支援にソフトバンクが名乗りを上げたという報道について思うところを。

 個人的には、まあ妥当だろうなという印象。その大きな理由は2点。

  • ウィルコムの引き受け先は同業他社しか考えにくい(事実、NTTグループに支援をという話は過去にも漏れ伝えられていたことであり、一方でKDDIについては、UQコミュニケーションズをなんとかしなきゃいけないだろうし)
  • ソフトバンクにおけるデータ通信分野の強化という点でシナジーが考えられる。

 その他、パケット通信のトラフィックをウィルコムのNWに流す負荷分散を狙うという視点も浮かんだけれども、さすがに買収理由としては弱い(キャッシュを生む源泉にならないから)だろうし、そもそも設計上、現状の端末についてはありえないだろうなと言うところ。(W-CDMAに対応したHYBRID W-ZERO3ならできそうでしょうが)

 一方、有利子負債の圧縮を経営課題に掲げるソフトバンクの状況を考えると、本当にありうるのかという点は難しいところ。

 とはいえ、いまさらNECや富士通、日立のような企業が通信網を持つ意味も考えられず、また。現在の株主であるカーライルから他のファンドが買収して何とかなるとは思えない(EXITが決まっている等で一時的にブリッジするような場合は別として)ことを考慮すると、何らかの形でソフトバンクが絡んでくることは間違いないだろうというところで、支援決定理由や今後等の続報をウォッチ指定校と思います。

 それにしても、カーライルの出版から一年足らずで・・・通信とバイアウトファンド、両方の立場を知っているだけに、色々と考えさせられます。

 木曜日に発表された顔ちぇき!の事業譲渡。(参考:「顔ちぇき!」、モバイルファクトリーが買収--ソーシャルアプリ化を目指す(CNET JAPAN))

 Twitterで譲渡元のジェイマジックで検索すると、どうやらジェイマジックは会社清算の方向に向かうとのこと。 

 結局、継続的な収入モデルが作れなかったというところだと思いますが、ベンチャーのビジネスモデルについて考えさせられとともに、会社を縮小させて存続させる道を選ばなかったところが日本のベンチャーでは珍しい印象。

 先日のゴマブックスの「おりおん」もそうですが、今後モバイル系を中心に似たような流れが加速されると思われます。ソーシャルアプリやiPhone、アンドロイド等とは違って意味で注目でしょう。

 先週末をもってJDC社が上場廃止に。最終的な時価総額は33百万円。

 で、気になっているのは、HPが土曜日からつながらないこと。上場廃止に伴う今後の株券管理などの関係もあり、なんらかのプレスリリースが出てくるかと思ったところで、まさかの展開。

 もしやと思って帝国データバンクの大型倒産速報を見た所、特に記載はないようですが、さすがにこの展開は予想がつきませんでした。

 コンテンツと金融を結びつけると言う点では意義がある会社であったと思うのですが、先に上場廃止したGONZO同様、「仕掛け」で勝負するコンテンツビジネスは難しいということがいまさらながら感じさせられます。(もうかりそうなコンテンツはテレビ局や映画会社等のプレーヤーを中心とした製作委員会で完結されてしまう時点で厳しいビジネスであることは間違いなく、対抗できるには当たる「オリジナル」が必要になるのでしょう。)

[2009.11.2 21:00追記]

HPはつながるようになったみたいです。

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ