ビジネス: 2009年10月アーカイブ

  企業がTwitterを前面に打ち出したプロモーション展開が増えてきたのを見て思わず、「セカンドライフ化」を連想しました。

  とりわけ、以下のようなニュース記事を見ると、その思いを強くするわけで。

 「Twitterでガールズトーク」を広告媒体に 「Girls Log」

 ただ、3-4年前のセカンドライフブームの頃と異なり、企業自身が独自にTwitterのアカウントを活用することをし始めている中で、いまさら商売になるとは思えないという違いはあるでしょうが。(さらにいえば、当時なら「セカンドライフをはじめた」ということのPR効果で十分にペイできたということもあったと思いますが。)

 ちなみに、Twitter自身がも企業向けの商用APIを開発し、広告PFとしての価値を高めていくようです。個人的には、フォロー数が増えていくにつれ情報が埋もれやすい仕組みなっているTwitterにおいて、どこまで浸透するのかよくわからないところだと思っています。位置情報と結びつくことで生まれる価値はあるだろうと思いつつ、このあたりは観察していくこととします。

 最近、自分を含め、他の会社(主に投資先)の人と予定を共有したいという社内ニーズが増えてくる一方、既存のサイボウズではワークフローなどの問題があり、細かいアクセス制御の問題がありできないことが判明。

 そこで、別件で他の人に検討を薦められたこともあり、にわかIT担当として、Google Appsの検討を開始することに。

 結論から言うと、サイボウズのASPよりも便利かもしれないことがわかりました。ある意味21世紀のワークスタイルなのかもしれません。

 理由としては

  • スケジュールの公開レベルを個人別、組織別に共有レベルを細かく制御可能
  • 既存のサービスから部分的な移行が行いやすく、また共存させやすい
  • Webメールにおける検索性が優れている
  • スマートフォンとの親和性が高い

 といったところ。

 通常のホスティングに比べてサポートが優れているとは思えないところがあるので、いきなりすべてのサービスを移行させるわけにはいかないですが、(たとえば、メールに関してはIMAP4を導入し、PC端末にもバックアップをとっておいた方がベターという印象)積極的に導入してみる価値はありそうです。

 スタートして1月半が経過したmixiアプリ。現時点でNo.1のユーザを集めたキラーコンテンツはサンシャイン牧場

 他のコンテンツの移植版だったり、過去、mixi絡みで流行ったようなコンテンツではなく、独自のソーシャルアプリケーションが出てきたということは、PF事業としては非常にいい展開でしょう。(この方向性とヒットさせたプレーヤーは意外でしたが)

 さらに、自分自身プレイしてみて、携帯電話でもやりたいと思わされる出来になっているのが個人的には、ものすごく興味深い所。

 その理由としては、以前書いたような内容の繰り返しになりますが、PCと携帯の垣根を越えるPFであり、広告に依存しない携帯電話向け有料コンテンツの可能性をmixiアプリに見出しているからです。

 DeNAのアバター課金やモバゲーのアイテム課金のような形でサービス展開されるはずですが、どのくらいの市場規模になるのか今から楽しみでなりません。

 

 昨日のブログでの予想通り、JDC社のプレスリリースがあったようです。

 個人的に読んでいてまず、注目したのは、業績の修正に関するプレスリリースの以下の文章。

当社は、平成21 年9月15 日に金融庁長官から信託業法第44 条第1項第1号及び第6号に規定す
る処分事由が認められることから、信託業法第3条の信託免許を取り消す処分を受けております。
(平成21 年9月15 日付「行政処分に関するお知らせ」を参照)
これに伴い、当社の信託事業継続は不可能となり、改めて事業計画を再検討しておりました。そ
の中で、10 月15 日付で全ての従業員に対して解雇予告を通知し、一旦全従業員を解雇した上で今
後事業に必要な人員を雇用し再編することで、大幅な人件費の削減と体勢の効率化を行います。

 7月22日に10名の採用を発表し、その3ヵ月後に解雇。かなりドラスティックな状況になってます。

 借入金の弁済についてのプレスも個人的にはかなりすごいものだと思うのですが(想像するにこの借入金の返済の代わりにどこかの未払い金が増加していると思われるので…そうでなければほぼ収入がない中で弁済ができる理由がわかりません。)

 11月1日をもって上場廃止になるようですが、それまで会社がもつのか、それとも法的手続きに入り、残余財産の売却と分配だけを行うのか、どちらが先になるのかといったところでしょう。

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ