TAF(東京国際アニメフェア)ビジネスデー初日にいってきました

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 今の仕事についてからは毎年(といってもまだ3年目)いくようにしているTAF(東京国際アニメフェア)のビジネスデーに参加してきました。

 一通りブースを眺めて思ったのは、アニメのビジネス構造がまた変わってきたというところ。

 大きく特徴的だったのは、以下の3点です。

  • テレビ放送→DVDで回収というビジネスモデルからの脱却
  • 子供向けを中心とした商品化ビジネスの強化
  • 3D対応

 まず、1点目に付いていえば、過去、イベントの中心を担ってきたテレビ局やDVDの販社のブースが軒並み縮小されていました。わかりやすい華やかさなブースといえば、テレビでいえば日本テレビ、DVDメーカーではAniplex位で、テレビ朝日やTBSは海外番組販売にフォーカスしたブースを出す程度になっていました。(もっとも、フジテレビについては独自に面白いことをやっていました…後述します)

 2点目について言えば、子供向けを中心としたマーチャンダイズをメインの回収手段としているだろう展示が多く見受けられました。昔からの国産キャラクターに加え、チェブラーシカ、ウサビッチといった海外キャラクターの展開も目立ちました。

 最後に3点目。NHKやアニマなど複数の展示で3次元映像の展示が行われていました。放送サイドと制作サイド、両側からこういった展示があったことは今後の流れとしてみておく必要があるのでしょう。

 その中で一番気になったのはフジテレビ。ノイタミナにフォーカスし「AR」をテーマに統一感のある展示をしていました。それこそ、東のエデンの世界。iButterflyを使ったもやしもんの菌を捕まえるゲームの展示(ソフトバンクとのタイアップ…協賛金もでているでしょう、きっと)等非常に面白かったです。映像に加え、広告、販促を組み合わせてアニメのビジネス化をするという独自の(というか、そもそも無料テレビの原点のはずですが)路線で、一歩前に進んでいるという印象を受けました。

 結論してしまえば、今年のTAFはビジネスモデルの再転換が見えるだろう展示が多く、華やかさよりも今後アニメビジネスがどう展開されていくだろうかを予測していくに興味深い内容でした。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: TAF(東京国際アニメフェア)ビジネスデー初日にいってきました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/780

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ