KDDIのTOBについてのホリエモンの発言

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 有料メルマガに書いて欲しいと思っていたKDDIによるJ:COMへのTOBについて、ホリエモンが至極全うな意見を述べてました。

以下、ブログから引用

 さらにまたTOBの規制逃れだ。私がライブドア時代にニッポン放送の株式を1/3超買ったときは、事前に金融庁にノンネームで問い合わせをいれTOSTNET-1が市場内取引であることを確認の上、数社からTOSTNET-1で株式を購入したものだが、KDDIはJCOM株を保有するリバティの子会社3社を買収することで、TOBをしないで1/3超の株を買おうとしたらしいが、これは明らかにTOB規制逃れで違法と判断されることになる方法であり、さすがの我々でもこれはやらない。

 最後の一文が心に刺さりまくり。金融庁にノンネームで問い合わせて対応するというのは、自分がTOBの手続きをした際にも弁護士を通じて何度か行ったことがあるので、プロセスとして実によくわかります。

そして、もう一つ

 もし報道されていることが真実とすれば、余りに拙速というか社内検討がされていないように思える。KDDIほどの会社であれば資金調達もそれなりにできるはず。というわけでちょっとKDDIの戦略は迷走気味なんだろうかなあ。。。と思うんですよね。

 こちらも同意。石橋を叩いて渡る通信事業者らしからぬ対応だというのがその印象。仕事柄、頭の中でいろいろとシミュレーションをかけてみるのですが、価格の面にせよ、スキームの件にせよ彼らの対応については一貫したものが感じられません。(ちなみに、今回の中間持株会社を用いたTOB逃れについては、金融庁が今月15日に発表した「株券等の公開買付けに関するQ&A」の追加(案)にも記載がなされております)

 日経新聞の報道でKDDIの小野寺社長によると追加で買い増す予定とはないいうものがありましたが、中途半端に引くのなら、そもそもやらなきゃいいし、事前に入念な準備をすべきだろうと思われます。

 さて、どうなることやら。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: KDDIのTOBについてのホリエモンの発言

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/776

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ