くるりとユーミン、コラボソングを雑誌サイズで発売

| | コメント(0) | トラックバック(1)

 GAP40th ANNIVERSARYキャンペーンのテーマソングだった「シャツを洗えば」が宝島社より雑誌サイズCDとして発売されるというニュースを聞いて思ったことを。

 先般のイヴ・サンローランとのコラボ等も話題となっているなど、出版市場において数少ない好調企業である宝島社、面白い所に目をつけたなあというのが率直な感想。さらに言えば、音楽を書籍流通で販売するのは非常に興味深い所。

 その理由は、流通の市場規模と流通構造の変化。

 まず、第一の点ということで言えば、約3000億円程度音楽ソフトの市場に比べ、出版市場は落ちたとはいえ2兆円近い市場規模を持っているということ。このチャネルの購買力は侮れません。(だからこそ、宝島とイヴ・サンローランが手を組んだりしているわけで)

 また、後者に関して言えば、Amazonや楽天ブックスのようなECサイトやTSUTAYAのように書籍もCDも扱うような複合店が増えてきているがあげられます。POSデータの活用や担当者間の情報共有で、仕入れの難しさ(=返品リスク)も解消されていくだろうことは想像がつくところです。

 元々、CD付きの書籍という意味では、デアゴスティーニのようなアーカイブを扱うパートワークだったり、アニメ化されたコミックのCD付き限定版という形での「セット商品」として流通していました。

 ただ、ストレートにCDがメインとなるこの商品は本当に珍しいものなので、POSデータの調査も含め、注目したいと思います。

 

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: くるりとユーミン、コラボソングを雑誌サイズで発売

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/755

» くるりとユーミン「シャツを洗えば」の売れ行きに関して(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 年明け一発目のエントリーは、以前紹介した書籍として流通させたくるりとユーミンの... 続きを読む

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ