書評:屈辱と歓喜と真実と /石田 雄太

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 前職の同僚だったカツマ君に薦められて購入した一冊。

 2006年に開催された第一回WBCに帯同した著者が見た日本代表の舞台裏について書かれておりますが、スポーツライターとして実績を積んだ著者だけに、その取材力と文章の構成力は確かなものです。

 特に、イチロー(最新号のナンバーのWBC特集のイチローのインタビュー記事も本書の著者によるものです。)に関する描写は、読んでいて引き込まれる感覚を覚えます。

 また、第一回のWBCはアメリカに行って観戦し、『世紀の大誤審』を生で目撃している身として(メキシコ人に「あれはないよね」と励まされました。)その当時の記憶を強く思い出させてくれます。

 反面、読者がこのような文章を求めるだろうという流れで書かれすぎているのが残念なところです。

 リーダシップを発揮するイチロー、彼を慕う川崎や今江などの存在、またイチローを影で支える宮本や谷繁、また、日本代表としてのあり方の見本である杉浦正則の存在、等々については、たとえ、それが真実に違いなくても、少々ステレオタイプ的に書かれすぎています。そのため、ひねくれものとしては別の視点からのストーリーを知りたくなってしまいます。(それこそ、2004年アテネオリンピックを描いた奥田秀朗の「泳いで帰れ」ではないですが。)

 ただ、そういった点を差し引いても、野球好きにはたまらない一冊でした。

 

  

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書評:屈辱と歓喜と真実と /石田 雄太

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/698

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ