2008年10月アーカイブ

 東京国際映画祭(TIFF)で先行上映されていた少年メリケンサックをみてきました。来年2月公開予定の宮藤官九郎監督作品ですが、まずは簡単にストーリーを。

 音楽レーベルで新人発掘を担当するダメ契約社員のかんな(宮崎あおい)はある日、mixiに張られていた少年メリケンサックという名前のパンクバンドの映像を発見し、レーベルの社長(ユースケ・サンタマリア)に報告し、社長は彼らを気に入り、スカウトし、アルバムを一枚制作するようにかんなに命じます。

 かんなは彼らにアポイントをとりますが、実はその映像は25年前のもので、バンドメンバーは50近いオッサンになってしまっており、また、メンバーは離れ離れや車椅子生活になってしまっている等、ありえない状態であることが判明します。

 その一方、HPに張られた25年前の映像は大人気。そのため、社長からは全国ツアーをやるようにという指令が下されました。「ありえない」と思いつつ、カンナは自身の契約期間の延長のため、そして佐藤浩一演じるベーシスト・アキオ役の不思議な説得力をもつ言葉を信じ、乗りかかった船で全国ツアーに乗り出すことになり、ドタバタ劇と人間ドラマがはじまります。

 感想としては、クドカン流のバンドとロックに対する愛情が伝わってくる作品でした。自らグループ魂というコミックロックバンドで活動しているということもあるかもしれませんが、ロックの楽しさやバカバカしさに敬意を払っているのが伝わってきました。

 また、俳優陣の演技がすばらしい。佐藤浩一や木村祐一といったメリケンサックのメンバーはもちろんですが、エキセントリックなオッサンバンドのパワーに負けじとパワフルに行動する宮崎あおいのコメディエンヌとしての演技は特筆に価します。確実に笑えます。(個人的にはちょこちょこ出てくるピエール瀧がツボにはまりそうでしたが)

 脚本としては、良くも悪くも一部「流した」という点がみうけられたり、また作品自身も必ずしも間口が広い一般的なものではないかもしれませんが、音楽好きなら必ず楽しめる一作だと思います。

 公開は2月とのことですが、Youtubeには色々と予告編があがっていて、これをみるだけでも楽しくなりますので、こちらもオススメです。

 

 最近更新が減っていたのですが、今日は仕事の話を。

 仕事柄、経営サイドの人と話をすることが多く、前職を含めると2-300名にお会いしているとは思うのですが、段々経営者を判断する自分なりの価値基準ができてきました。今日はその話を。

 経営者を判断する場合の基準として、「話の具体性」と「わからないことはわからないと言える」ことが大事だと感じております。

 まず、前者に関しては中小企業の経営者には絶対に必要なことと認識しております。よくも悪くも中小企業は経営者のカラーに引きずられるからというのがその理由ですが、この点については、自社のビジネスモデルや業務の詳細について1,2度かヒアリングすると良く分かります。一般論だったり、誰かの格言を引き合いに出して、話に具体性がない段階で個人的にはヤバイと判断します。(Googleとかを引き合いに出すようなタイプの人間や、ネットがあるから新聞は必要ないというようなタイプの経営者がこのタイプには多い印象があります。)

 次に後者ですが、これは投資後にも関わってきますが、マイナスの情報を伝達できない経営者は「悪い情報を隠す、ごまかす」傾向にあり、また会社自体も上手くガバナンスが利いていない可能性が高いと感じております。特にハンズオンで事業支援を行うことを前提にしている身にとっては、事業支援を確実に遂行するためにも正直な状況と課題、希望を伝えてもらえると助かるわけで、悪い情報を隠されると色々と不都合があります。(「経営者は弱みを見せてはいけない」という考えもあるかもしれませんが、そのあたりは会話や財務諸表、組織図等から透けて見える事項なので隠してもしょうがないというのが個人的な意見です。もちろん話し方を選ぶ必要はありますが。)

 他にも何点か注意している点はあるのですが(自分の主観を一般論とすりかえる癖がある、表現がいちいち大げさ等)、経営者に限らず、上記2点に気をつけるだけで、仕事をするパートナーとして適切かどうか見ることができるのではないかと個人的には思ってます。

 ちなみに、この価値判断をブレさせないためには「反面教師」の存在が大事だと思っています。この辺は、コアとなる人を中心に組み合わせ、随時アップデートしていくようにしておりますが、あまりやりすぎると性格がどんどん悪くなる気がするので気をつけなければいけないと感じております。

 書評を書いていない本もたまっているのですが、たまにはということで、仕事の話でした。

 容疑者Xの献身を見にいってきました。三連休の最終日の午後1時前に始まった回で客の入りは450席強あるシアターで80%位でした。

 正直、原作もドラマ版も見ていない、頼りは定期購読しているダ・ヴィンチの特集記事だけという中での観賞でしたが、予備知識のない人間でも十分に楽しむことができました。

 まず、役者陣が安心してみていられます。天才物理学者の湯川を演じる福山雅治と、彼と対峙する数学者の堤真一を始めとする役者陣の演技は安心してみていられます。

 特に石神を演じる堤真一の演技が素晴らしい。自らが思いを寄せる花岡靖子を一途に守もうとする根暗な数学者という役柄をパーフェクトに演じてい他のではないかと思います。特に中盤から終盤にかけてみせる狂気的な姿には完全に騙されてしまいました。

 また、これは原作の力が多分にあるのかもしれませんが、トリックが見事でした。シンプルだけど人の盲点をつくトリックは、伊坂幸太郎のアヒルと鴨のコインロッカーとも似ており、「やられた!」と思わざるをえませんでした。

 ひょっとしたら原作と比べると評価は落ちるのかもしれませんが、十分に見るに値する作品でした。これを記に原作本も読んでみることとします。

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ