書評:午前三時のルースター/垣根涼介

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 文庫本の表紙が気になって購入した一冊で、著者は「君たちに明日はない」の垣根涼介です。

 一言で言うと、ベトナムを舞台にしたハードボイルド小説です。

 得意先の社長である中西の依頼により、旅行代理店に勤務する長瀬は、中西の孫の慎一郎をベトナムに連れて行くこととなります。ただ、慎一郎の目的は普通の旅行ではなく、失踪した父親を家族にナイショで探すことで、その手がかりはベトナムを紹介した一本のVTRだけでした。

 VTRにあった、ベトナムの市場風景において父親らしき人間がうつっていたということをヒントに、長瀬と慎一郎、そして永瀬の友人の源内はベトナムはホーチミンに旅立ちます。

 旅先のベトナムでは、仲間となるタクシー運転手や娼婦を中心とした出会いや、妨害との戦いを繰り広げたりして、クライマックスへと向かっていきますが、そのクライマックスは少年にとっては、切ないものでした。

 本書をよんでの感想は、それは、「ホーチミン」という街に生きるということが印象的に描かれているということ。本書では、過去の紛争の爪あとを残し、矛盾をかかえつつも、その街で生きている人々の姿が非常に印象的に描かれており、考えさせられる所があります。

 ハードボイルドの描写としては、「そこまでは」という所がありましたが、そういった意味で、面白い一冊でした。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書評:午前三時のルースター/垣根涼介

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/642

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ