書評:仕事道楽 スタジオジブリの現場/鈴木敏夫

| | コメント(0) | トラックバック(1)

 スタジオジブリの代表取締役プロデューサーである著者が影響を受けた人物や過去の作品、スタジオジブリの経営などについて語り下ろした一冊ですが、一気に読んでしまう面白い本でした。

 まず、個人的に面白かったのは、徳間書店の社長だった徳間康快や同社の先輩だった尾形英夫とのエピソード。

 豪放磊落な二人の上司とのエピソードのなかに名言があふれています。普通では間に合わない仕事を丸投げしたうえに「まかせた以上は全部任せる」と言い放つ先輩や、「金なんて紙だからな」と名文句を放つ社長とのエピソードは、スタジオジブリという非常に舵取りが難しい会社をなんとか回していく著者の原体験になったのではと思わされます。(もっとも、普通の人では到底対応できないような怪物だったのでしょうが・・・)

 そしてもう一つ面白かったのは、宮崎駿のもつ「リアリティ」について語っている部分。

 ファンタジー色が強い宮崎アニメが継続的に受け入れられる土台はこのリアリティではないのかと直感的に感じた部分なのですが、P59-P64で書かれている細部からの発想「真剣に見た」記憶を通じたオリジナルの創出といった手法がこの肝になっているように考えさせられました。ブレストを通じた発想方法はもちろんですが、この手法は非常に考えさせられるものです。

 その他、本書全編を通じ、過去の作品の裏話(「もののけ姫」のタイトルや「千と千尋~」の舞台設定等)がちりばめられており、各作品に対する親近感を強めることができ、と同時に、最新作のポニョもみにいかなきゃなと思わされました。

 単純に楽しんで読むことが出来るオススメの一冊です。

 

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書評:仕事道楽 スタジオジブリの現場/鈴木敏夫

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/628

» 映画:崖の上のポニョ(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 遅ればせながら崖の上のポニョを見にいってきました。場所は先月オープンしたての新... 続きを読む

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ