書評:週末のフール/伊坂幸太郎

| | コメント(0) | トラックバック(2)

 文庫本になるまで待とうかと思っていたけれども、待ちきれずに買ってしまった伊坂幸太郎の作品。

 小惑星が地球に衝突し、8年後に世界が終末することがわかり、世界は暴力と混乱に支配されます。それから、5年後、週末が近づいた世界の一角、仙台北部のニュータウンを舞台にした8編の連作小説集です。

 各短編の主人公は、大勢の人の死や悪意といったものに直面し、世界が終わるだろうと現実の中、淡々と日常を過ごしています。草サッカーに興じたり、ビデオを楽しんだりとその日常は人それぞれですが、その淡々とした静けさはまるで「台風の目の中」にいるかのよう。

 ただ、内面には生と死をはっきりと抱えて生きており、これが自分達の日常と対比されることで、ある種の生々しさが感じられます。

 そして、個人的には、この点こそが、本作品の主題であり、執筆当時の伊坂幸太郎が向き合っていたものだろうと感じさせられました。「対峙しなければいけない得体の知れないもの」に対し伊坂幸太郎は小説を通じて向き合っているのではないかという印象をゴールデンスランバーを読んだ時に感じたのですが、本作品でもそのことは強く感じさせられました。

 

トラックバック(2)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書評:週末のフール/伊坂幸太郎

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/608

» 書評:フィッシュストーリー/伊坂幸太郎(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 先週読んだ終末のフールに引き続き、伊坂幸太郎作品についての書評を。  本作、フ... 続きを読む

» 2008年の振り返り:書籍編(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 大晦日ということで、2008年を少し振り返ることに。今年は去年のライブ・読書に... 続きを読む

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ