東京大学 キャラビズ研究プロジェクトにいってきました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 先日も書いた東京大学 キャラビズ研究プロジェクトのキックオフレクチャーにいってきました。といっても、仕事の関係上、後半の一時間ほどしか聞けなかったのですが。

 今回のキックオフレクチャーは、PJメンバーの6名のメンバーがそれぞれの立場からキャラクタービジネスの現状を述べた後に、東大の七丈准教授をモデレーターとした討論という形で、会場は実に300名以上の方で大盛況でした。

 個人的に面白かったのは、キャラ研の相原さん。正直、全編を通じて受けた印象としては「ビジネスの匂いがしない」と言う所だったのですが、相原さんからはお金とビジネスの匂いがしておりました。

 特に興味深かったのがキャラクタービジネスにおける「非製造業的価値の創出」の観点の話。

 キャラクタービジネスにおける「選定」を従来型の「ターゲット選定」やキャラクターの一次展開にインターネットを活用するといった「プラットフォームの選定」といった一面から考えるのではなく、(キャラクターが展開されていないだろう場を含め、)世の中にどのような場があるかを考え、その上で、キャラクター展開を図るといった視点は非常に参考になりました。

 次に感じたのが、「東大ブランド」ってそんなにキャラクターがたっているのかなあということ。講演者の方々が口々に「東大のブランドや社会的インパクトを有効活用したい」と言っていたのですが、OB(出来は悪かったですが)からすると、そこまでのブランド価値はもちえていないのでは、と感じてしまいました。(もっとも、多分にネタだとは思いますが)

 講義の募集も初めっているようです。今回の参加は見合わせようなと思っておりますが、継続的にウォッチしていきたいと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東京大学 キャラビズ研究プロジェクトにいってきました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/588

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ