書評:ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂尊

| | コメント(0) | トラックバック(3)

 先日のナイチンゲールの沈黙に続く、チームバチスタシリーズ第三弾。時系列としてはナイチンゲールの沈黙と同じ時期、舞台は救急救急センター、主人公は救命センターを支配する将軍の速水(通称、「ジャネラル=ルージュ」)で、物語は、主に、前作の主人公浜田小夜の親友である"熱血看護士"如月翔子の視点から語られます。

 伝説の歌姫が入院されたと同じ時期、田口公平の元に一通の怪文書が届きます。それは速水が業者と癒着しているという内部告発文書です。病院長の高階の指示もあり、田口は大学時代からの同級生を告発する文書について対応をすることになります。

 ただ、調査は、田口及び、田口が委員長を務めるリスクマネジメント委員会に敵意を持つエシックス・コミュニティの沼田が介入し、思うように進みません。

 一方、救急救命センターでは、ドクター・ヘリの導入や病院経営についての速水と事務方の対決や、如月翔子の活躍を通じ、救急医療についての問題点が描かれていきます。

 そして、白鳥やもう一人の同級生である島津の助けもあり、田口は速水と対峙することとなり、クライマックスへと向かっていきます。

 本作は、公式サイトで「合わせ鏡」と書かれているように、同時期に、同じ病院で起きた出来事が描かれております。小児医療と救急医療、一見、関連性が薄いと思われる二つの分野ですが、「金食い虫」という部分では同じであり、あわせて読むことで、現在の医療体制の問題点が改めて浮き彫りになります。

 また、前作に比べ、チームバチスタの見所である登場人物同士の丁々発止のやり取りが充実しており、エンタテインメント性が増しており、スピード感にあふれています。

 ミステリー色が他の作品に比べ薄いことについては賛否両論あるのかもしれませんが、個人的には非常に楽しめた一冊でした。但し、前作のナイチンゲームの沈黙を読まないと楽しみは半減してしまうと思いますので、順番には気をつけたほうがよさそうですが。

トラックバック(3)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書評:ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂尊

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/577

» 書評:ブラックペアン1988/海堂尊(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 チームバチスタシリーズのスピンオフ作品、舞台はおよそ20年前の東城大学医学部付... 続きを読む

» 書評:螺鈿迷宮/海堂尊(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 バチスタスキャンダルから一年半後(*)を描いた、チームバチスタシリーズのスピン... 続きを読む

» 書評:ひかりの剣/海堂尊(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 チーム・バチスタシリーズのスピンオフ小説でライジングサンに向かう途中の飛行機と... 続きを読む

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ