書評:ブラックペアン1988/海堂尊

| | コメント(0) | トラックバック(1)

 チームバチスタシリーズのスピンオフ作品、舞台はおよそ20年前の東城大学医学部付属病院で、主人公は高階「現」病院長。

 本作の語り手は大学病院の外科に配属された研修医の世良で、物語は高階病院長が講師ととして赴任されてきた所から始まります。ストーリーは大き(1)研修医世良の成長 (2)病院内の権力闘争にわけられます。

 世良は、食道癌の権威である東城大学の佐伯教授の下で"新兵器"を導入し反発を受ける高階に指導を受けつつ、腕は一級品だが人格破綻を起こしているハグレ外科医渡海や、面倒見がいい先輩医師垣谷に影響を受けます。途中、医療ミスにより患者を死に至らしめそうになったりしながらも、医師として成長していきます。

 一方、佐伯教授は病院長になるために、高階を活用します。高階による新兵器の導入を認めた理由の裏側にも権力闘争があり、権威のある学会で新兵器の成果を発表することで、教授は病院長選挙の勝利を確実なものとしようとします。

 その裏で渡海は、佐伯の留守を狙い、過去の佐伯教授の手術ミスを高階に指摘し、教授を出し抜き、父親の恨みを晴らそうとするのですが・・・。

 途中、チームバチスタでおなじみのの同級生トリオ(田口、速見、島津)や現役バリバリの藤原看護士がでてくるなど、バチスタシリーズファンにとってはたまらない部分が存在します。

 もっとも、上記の点は良し悪しで、第二・三作との間で矛盾が生じているのでは?と思わされることがいくつかでてきてしまっております。(こじつけすぎなところはありますが、バタフライシャドウや冴子のところなど)

 ただ、シリーズ間でのプチ矛盾(今後の作品でカバーされるかもしれない部分ですので、矛盾と言っていいのかわかりませんが、)本作においてもクライマックスにかけての緊張感は一級品で、ハラハラさせられながら、一気に読みすすめるパワーがあり、十分に楽しめました。

 人物を知るためにもバチスタシリーズを三作(※)とも読んでから読まれることをオススメします。

※それぞれの作品の書評は、以下のリンクからどうぞ。

 

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書評:ブラックペアン1988/海堂尊

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/576

» 書評:ひかりの剣/海堂尊(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 チーム・バチスタシリーズのスピンオフ小説でライジングサンに向かう途中の飛行機と... 続きを読む

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ