書評:ジーン・ワルツ/海堂尊

| | コメント(0) | トラックバック(1)

 チームバチスタの栄光の海堂尊による地方医療や産婦人科医療に対する医療行政への憤りをテーマとした作品。チームバチスタの栄光ではコミカルな田口と白鳥のやり取りの裏にテーマ性を持たせていたのに対し、本作ではテーマ性が前に出た作品。

 帝華大学に勤務する産婦人科医曽根崎理恵が主人公。不妊治療を専門とし、人工受精のエキスパートである彼女は歯に衣着せぬ発言を行う彼女は、大学の教授からは疎まれる存在です。

 そんな彼女は、大学病院での勤務の傍ら、閉院を迎えようとする小さな産婦人科のマリアクリニックで5人の妊婦の診察に携わります。彼女達は、それぞれ異なった状況で、それぞれ区切りを迎えます。

 そのような中、大学に一通の告発状が届きます。それは、現在の日本では禁止されている代理母出産に理恵が関わっているという内容。

 その真相を掴むべく、理恵の理解者である帝華大学の准教授である清川が調査を行い、物語が進んでいきます。

 途中の各妊婦が背負う胎児についての十字架についてのエピソードは非常に考えさせられるものがあります。最近、自分の周囲でも結婚、出産といった流れがおきつつある中で、自分だったら…ということについて思わされます。

 ただ、それ以上に現実の社会問題に対する憤りが前面に出すぎている上に、問題提起に関する部分が物語性を乏しくさせてしまっている上に、クライマックスが正直すっきりしないものであったのが、個人的には残念な所です。

 個人的には物語と現実の社会問題とは明確に分離されるべきものである、少なくとも現実の社会問題に対しての印象操作を物語が積極的にはすべきではないと思っています。物語は物語であるべきで、社会問題について提議したいのであれば、ノンフィクションの舞台で勝負すべきであり、言い訳がつく形式での発表は行うべきではないと考えます。(ノンフィクションがどこまでノンフィクションかは別です。)

 医療行政に対する憤りや、法制度についての欠点を指摘するのはいいのですが、それよりも物語としてのストーリー性をためて欲しいと思うのは贅沢な話なのでしょうか…。

 チームバチスタの栄光が物語として非常に優れていただけに、個人的にはがっかりさせられた一冊でした。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書評:ジーン・ワルツ/海堂尊

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/568

» 書評:ひかりの剣/海堂尊(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 チーム・バチスタシリーズのスピンオフ小説でライジングサンに向かう途中の飛行機と... 続きを読む

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ