書評:陽気なギャングの日常と襲撃/伊坂幸太郎

| | コメント(0) | トラックバック(1)

 仕事がらみのビジネス書を読む中、箸休めのような形で読んだ一冊。陽気なギャングが世界を回すの続編です。今回のメインの物語は銀行強盗ではなく、誘拐された社長令嬢を救い出す話です。

 前作を読んでいないと4人のギャングの特徴は掴みきれない部分がありますし、やはり先日本屋大賞を受賞したゴールデンスランバーのような対策に比べるとストーリーの重厚さには物足りない部分があります。加え、死神の精度やチルドレンといった読後感にも欠けるのも事実。

 ストーリーは小気味よいテンポで進みますし、ストーリーのあちこちに張り巡らされた伏線はやはり上手いんです。ただ、個人的な意見としては伊坂幸太郎にしては物足りないのも事実。

 そういった意味で、「面白いけど、物足りないと思ったら、違う作品も読んでみてくれ。もっと面白いから」といいたくなる一冊です。

 電車の中で読む娯楽小説としては十分満足なんですが、伊坂作品としては満足しきれないというところでしょうか。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書評:陽気なギャングの日常と襲撃/伊坂幸太郎

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/553

» 2008年の振り返り:書籍編(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 大晦日ということで、2008年を少し振り返ることに。今年は去年のライブ・読書に... 続きを読む

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ