DVD:秒速5センチメートル/新海誠監督

| | コメント(0) | トラックバック(1)

 海外でも高い評価を受けた、新海誠監督の4作目のアニメーション作品。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の3本の短編からなる連作アニメーション。転校族の二人の小学生、遠野貴樹と篠原明里の2人を主人公とし、成長していく中で織り成す恋愛模様についてつづられていきます。

 細かい感想は抜きにいい作品です。丁寧に描かれた景色の中で、主人公が織り成す淡い恋愛模様には、思春期の中学生かという位、ドキドキさせられてしまいます。

 ストーリーとしてはよくあるパターンといえる部分もあることは否定できませんが、そのようなマイナスを感じさせないくらいに、感情が揺さぶられます。

 特に、第二話の「コスモナウト」が個人的には心にきました。遠野貴樹に恋心を抱く澄田花苗を中心に組み立てられたこのストーリーは、「もどかしい距離感」を非常に的確に捉えており、心から感情移入させられるとともに、昔好きだった人に会いたくさせられます。

 また、全編を通しての主題歌が山崎まさよしの「One more time,One more chance」なのがズルイです。ただでさえ切なげなストーリがよりいっそう引き立てられます。

 本当に人の心を揺さぶるパワーを持つすばらしい作品でした。文句なしにお勧めできます。

 ちなみに、メディアミックスの一環として小説化もされています。小説としても面白そうなので、こちらも読んでみようかとも思います。新海監督のほかの作品も見ようと思いますが。

 

     

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: DVD:秒速5センチメートル/新海誠監督

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/535

» 書評:小説・秒速5センチメートル/新海誠(縁の下の目立ちたがり屋)~のトラックバック

 先日DVDで見た秒速5センチメートルのノベライズ版です。映像から小説にという形... 続きを読む

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ