書評:就職・転職に役立つインターネット企業ガイド

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 ライブドアの「本が好き!」サービスから献本をいただいた一冊。

 営業をする上で昔から良くやることとして、営業先の業界に関する就職の「業界研究本」を読むことがありました。自分が担当していたクライアントは正直入り込めていない相手が多いため、相手方についての知識をつけ商談のチャンスを掴もうとするために行っていた行動で、この癖は現職でも役に立っていると思っております。(業界研究本を選んでいた理由は「短時間で読める」「わかりやすくまとまっている」の2点です。)

 本書に関してもそういった行動の一環で読ませていただきました。(転職する意思はありません)

 中身は、企業紹介もさることながら、インタビューが充実しております。それこそGoogleの村上社長やYahoo!の井上社長から、Web2.0時代のビジネスマンの代表といえる保田隆明さんや、徳力基彦さんのインタビューまで非常に充実した内容であるといえます。

 一方、課題は3点。

 一点目は読者ターゲットが曖昧な印象を受けたこと。新卒採用の就職や、インターネットビジネスに従事した経験のない(乏しい)人の転職本としては全く問題ないと思うのですが、業界経験者が読むには内容が物足りない印象。

 次は検索性の悪さ。市場解析のページがあり、その業界のプレイヤーが紹介されているのですが、プレイヤーのうち、実際に掲載されている企業については掲載ページ数を書くような対応をして、どの企業が掲載されているか、また、具体的に業界の内容が知ることができるかといった情報がわかりやすくなっていると好ましいのではと感じました。

 もう一点は、Web制作系の企業がジャンルとして紹介されていないこと。せっかくWebプロモーションのカタチでユニクロの取り組みを紹介していることもあるので、Webサービス系の企業だけでなく、このあたりの面白いトリ栗をしているような企業をもっと紹介した方が面白いのにと考えてしまいました。

 ただ、業界とそのプレイヤーをざくっと知りたいという要求に対しては問題なく応えられる一冊ではないかと思います。


就職・転職に役立つ インターネット企業ガイド (SOFTBANK MOOK)
Amazonで購入
書評/ビジネス

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 書評:就職・転職に役立つインターネット企業ガイド

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://decchy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/509

コメントする

Profile

HN:decchy
大手通信会社でエンジニア・営業経験を積んだ後、IT系ベンチャー企業に転職、 営業・企画・PR等を行うマネージャー業務を担当し、 2008年の東京インタラクティブ・アド・アワードに入賞する等の実績を残す。
現在はプライベートエクイティに転職し、投資業務並びに経営支援、新規事業開発支援業務に従事中。

音楽・読書を中心としたPrivateのブログはこちら

Search by Google

Google

ブログパーツ